AED運搬 袋井できょう実験 「救える命増やしたい」 /静岡

AED運搬 袋井できょう実験 「救える命増やしたい」 /静岡

2018年3月13日(火) - 一般財団法人「日本AED財団」などは13日、エコパスタジアムがある小笠山総合運動公園(袋井市)で小型無人機ドローンを使って自動体外式除細動器(AED)を運ぶ実験を行う。スポーツの大会やイベントで急患が発生したケースを想定し、通報からできるだけ素早くAEDを作動させることを目指す。財団は「ドローンという ...

コメント

コメントを投稿する