ハチの背中にセンサを搭載、スマート農業用ドローンとして利用–ワシントン大学

ハチの背中にセンサを搭載、スマート農業用ドローンとして利用--ワシントン大学

都心の大学でも郊外にキャンパスを作っているところが多いから、広々してるよね。 - 2019年1月11日(金) - ワシントン大学の研究チームは、生きたハチの背中に装着できるセンサを使い、気温や湿度などのデータ収集に利用できるシステムを開発した。農場でハチを放し ...

コメント

コメントを投稿する